【はじめに】WordPressでブログを作ろう:基礎知識編

こんなことを説明します
  1. ブログの基礎知識
  2. ブログ開設に必要なもの
  3. ブログ開設までの流れ
  4. 費用の相場
  5. おすすめのサービス
こんな方におすすめ
  • 初心者の方
  • 用語がよくわからない方
  • 基本的な知識を知りたい方
  • 大体の流れを先に知りたい方
  • 月額1,000円は高いと感じる方
今すぐブログを作りたい方はこちら
安さvs性能 比較編
お値段重視派はこちら
ハイスペック派はこちら

このサイトのコンセプト

このサイトを立ち上げたきっかけは、小学生の息子が「夏休みの自由研究でブログを作りたい」と言ったことです。
私の契約しているサーバーを使うことも考えましたが、せっかくなので全ての工程をひと通りやらせてあげたいと思い、初心者向けのチュートリアル的な記事を探してみました。

ところが、多くのサイトでおすすめされているサービスは、息子のような「とりあえず作ってみたい」「続けるかどうかわからない」という層にはオーバースペック。 費用の方も「ちょっと試す」には高いため、なかなかしっくりくるものが見つからず。
ならば自分で作るしかないと思い、お試し感覚で気軽に始めたい方向けのブログ開設ガイドを書いてみることにしました。

なので、このサイトのコンセプトはなるべく少ない手順で」「費用を安く抑えて」「全く知識のない方でもスムーズに」ブログを立ち上げること。
「ちょっと試してみよう」で気軽に始められるようにハードルを下げていきたいと思います。

ブログについての基礎知識

そもそもブログとは何か

ブログとは、ウェブ上の記録という意味の「ウェブログ」の略称です。
辞書などでは「日記形式のウェブサイト」と説明されていることが多いですが、要は「時系列で記事が表示される形態のサイト」のことだと思ってください。

ブログが生まれたのはTwitterやYoutubeのサービス開始より何年も前のことで、会員登録すればすぐに記事を書ける無料ブログサービスが次々と登場し、爆発的に普及しました。
もちろん現在もアメブロはてなブログといった無料ブログサービスが存在していますので、ただ何かを書いて公開することだけが目的の場合はそちらを選んでも良いかもしれません。

WordPress(ワードプレス)とは

ワードプレスは、ブログやウェブサイトを管理するためのシステムのひとつ。
簡単に言えば「プログラミングなどの専門的な知識がなくてもブログやホームページを作ることができる仕組み」です。
誰でも無料で利用可能なこともあり、2021年現在、世界中の全ウェブサイトのおおよそ4割がワードプレスを使用して作られています。

ワードプレスと無料ブログの違い

よく見るのが「ワードプレスが持ち家で、無料ブログが賃貸マンション」というたとえです。
無料ブログの場合は「運営会社が持っているマンションの一室を借りてブログを運営する」のに対し、ワードプレスのブログを制作するには「自分で土地(ウェブ上のスペース)を用意して家(ブログ)を建てる」というイメージになります。

持ち家ならば間取りや内装を好きにデザインできますが、賃貸マンションで出来るのは契約内で許されていることのみ。 これと同じで、無料ブログでは書く内容や用途にある程度の制限があり、デザインや機能も自由にカスタマイズすることができません
運営元によってブログが凍結されたり、サービスが終了される可能性もあります。

ワードプレスの場合はサイトの内容やデザインを自分の好きなように決められますが、無料ブログよりできることが多い分操作や設定も複雑なため、最初は難しく感じるかもしれません。
また、独自ドメイン(ウェブ上の住所のようなもの)やサーバーなどを自分で用意しなくてはならないので、手間と費用がかかります。

どちらがいいの?

ワードプレス

  • 自由なデザインにしたい
  • 独自ドメインを使いたい
  • プログラミングやウェブデザインに興味がある(やってみたい)
  • ブログでお金を稼ぎたい
  • 物足りない部分を妥協できないタイプである

1つでも当てはまる方はワードプレスがおすすめです。

無料ブログ

  • ずっと無料で使いたい
  • デザインは妥協できる
  • 運営元から広告を勝手に差し込まれても問題ない
  • ブログでお金を稼ぐつもりはない
  • 自分の書いた文章などを発信できればそれでいい

これら全てに当てはまる方は無料ブログがおすすめです。

無料ブログを選ぶ場合は、大手レンタルサーバーの「エックスサーバー」が2021年3月にサービスを開始した「wpXブログ」がおすすめです。

WordPressブログ開設までの流れ

ブログ開設までの流れを簡単に説明していきます。
まずはワードプレスでブログを作成するために最低限必要なものから。

事前に準備するもの

最低限必要なもの

  1. インターネット環境
  2. メールアドレス
  3. スマホ(ショートメールが使える端末+PCまたはタブレットでも可)
  4. 3,000円
  5. 保護者の許可(未成年者の場合)

できれば用意したいもの

  1. Wi-Fiか容量の大きい定額回線
  2. ブログ専用のGoogleアカウント
  3. PCまたはタブレット端末
  4. 現金以外の支払い手段(※)

※クレジットカード・PayPalなど

上記の「最低限必要なもの」があればワードプレスでブログを作ることができますが、「できれば用意したいもの」の方は使い方によっては必須に近かったり後々便利だったりするので、可能であれば用意しておくことをおすすめします。

ざっくり説明

  1. 利用可能なデータ量が少ない定額回線をお使いの場合は、Wi-Fi環境がないときついかもしれません。
  2. サイト関連のメールを分けておいた方が分かりやすいことに加え、後々ブログのバックアップに使ったりもできるので、できれば専用のGoogleアカウントを作っておきましょう。
  3. デザイン面を色々いじるには、スマホのみだと少々厳しいです。 特にウェブデザインを勉強したい方はPC一択になります。(スマホからでも記事の投稿はできます)
  4. 最初の支払いからブログが利用可能になるまでの時間が短縮できます。 サービスによっては支払い方法が限定されている場合もあるので、必要に応じて用意しましょう。

ブログ開設の手順

ブログを作成するには、細かく分けて以下の7つのステップが必要です。
難しそうに感じると思いますが、当サイトでおすすめしているサービスの片方ではこのうちの4つ、もう片方では6つをワンステップで行うことができますのでご安心ください。

各サービスのメリット・デメリットを理解するためにも、さらっと読んでみることをおすすめします。

STEP1

ドメインを取得する

ドメイン管理会社にユーザー登録をして、自分のウェブ上の住所(ドメイン)を取得します。

STEP2

レンタルサーバーを契約する

レンタルサーバーの契約をして、自分のブログを設置するウェブ上のスペース(サーバー)を用意します。

STEP3

ドメインをサーバーに紐付ける

取得したドメインにアクセスした時に契約したサーバーへ飛ぶように、住所(ドメイン)と実際の土地(サーバー)を紐付ける作業を行います。

STEP4

サイトのSSL化(通信の暗号化)をする

第三者による情報の盗聴・改ざんを防ぐため、サイト全体の通信を暗号化するようにサーバーの設定を変更します。

STEP5

PHPのバージョンアップを行う

WordPressを動かしているPHPというプログラミング言語(コンピューターに命令するためのルールのようなもの)を新しいものにバージョンアップします。

STEP6

サーバーにワードプレスをインストールする

サーバーにワードプレスをインストールしてデータベースと紐付けし、使える状態にします。

STEP7

WordPrssの設定を行う

ブログ名やデザインなどの初期設定、セキュリティ関連の設定を行います。

費用の相場

サイトを運営するにあたって発生する費用は2種類あります。 独自ドメインの登録・維持費と、レンタルサーバーの利用料です。
ドメインは1年単位での支払いのみ。 サーバーの方は月額での支払いもできますが、長期の契約になるほど月単位の金額が安くなる場合がほとんどです。

独自ドメインの相場

まず、独自ドメインを取得するために必要な金額は、メジャーなもので数百円から1,000円ほど。 その他、キャンペーンなどで数円で取得できるものや、中には1万円を超える高額なドメインもあります。

登録料のようなものはありませんが、初年度が一番安く、2年目以降は数割(ドメインによっては数倍)高くなるという金額設定の業者が多いので、購入前に更新費用の確認が必要です。

2年目以降の維持費用は、最も人気の「.com」で年額1,100円から1,500円程度。 こちらはどの業者でもそんなに大きな差はありません。

レンタルサーバーの相場

続いてサーバーの方ですが、こちらは業者や契約するプランによって金額面も機能面も様々です。 基本的には金額と比例して高性能になっていくと思ってもらえれば良いですが、月額料金の他に初期費用がかかる業者があったり、各業者が採用しているハードやソフトの違いなど、一概には言えない部分もあります。

ネット上でよくおすすめされているのは月額1,000円前後のハイスペックなサーバー。
ちなみにこの月額は最初に年単位の長期契約をする場合で、1ヶ月・3ヶ月などの短期契約になるとひと月あたりの金額は数割ほど高くなります

ひと月数百円程度の格安サーバーもありますが、こちらは金額と比例してサービスや機能面のスペックが下がると思っていいでしょう。
具体的には、ページの表示速度が遅めだったり、記事がバズったりしてアクセスが集中すると落ちる(サイトが表示できなくなる)、使用できるワードプレスや独自ドメインの数に制限がある、といったデメリットがあります。

ただ、SNSなどでガンガン宣伝でもしない限り、最初からそこまでたくさんのアクセスが集まることはほぼありません。 月間数万アクセス程度の個人ブログであれば格安サーバーでも十分運営できるので、求める性能と金額のバランスで選べば良いと思います。

おすすめのサービス

このサイトのコンセプトである「なるべく少ない手順で」「費用を安く抑えて」「全く知識のない方でもスムーズに」の3点を全て満たすおすすめのサービスは2つ。
どちらも最初の支払い金額3,000円程度で始めることができて、ドメインとレンタルサーバーの契約と紐付け、ワードプレスのインストールまでを同時に済ませてしまえるため、あとは単純に維持費用の安さとサーバーの性能どちらを取るかの二択です。

ここでは、それぞれのサービスの特徴とメリット・デメリットを簡潔にまとめておきます。
詳細は別記事で説明していますので、もっと詳しく知りたい方・迷っている方はそちらも参考にしてください。

安さvs性能 比較編
お値段重視派はこちら
ハイスペック派はこちら

バリューサーバーの「まるっとプラン」

まずは、ドメイン取得と1年間のサーバー料金合わせて3,000円未満という圧倒的な安さの、バリューサーバー「まるっとプラン」から。

公式サイト

主な特徴

  • 初年度2,650円 / 1年間(.com)
  • 1年契約のみ
  • 2年目以降3080円 / 1年間(.com)
  • ディスク容量:25GB
  • MySQL(データベース):1個
  • 無料バックアップ:なし
  • サポート:メール・ライブチャット

メリット

  • とにかく安い
  • 支払い手段が多い(コンビニ払い可)
  • 表示速度は予想より遅くない
  • ブログの管理画面が簡単

デメリット

  • サーバーのスペックが低い
  • プランの変更ができない
  • 実質1つしかブログを作れない
  • もっさり感はある
  • 無料お試し期間がない

カラフルボックスの「快速セットアップ」

続いて、最新の技術を取り入れたハイスペックな高速サーバー「カラフルボックス」の最安プラン「BOX1」。 契約時に「快速セットアップ」を利用することで、最初からワードプレスがインストールされた状態でスタートできます。

公式サイト

主な特徴

  • 3ヶ月契約で3,000円前後 / 4ヶ月
    (2,244円+ドメイン代)
  • 1年契約なら7,656円+ドメイン代
  • ディスク容量:150GB
  • MySQL(データベース):無制限
  • 無料バックアップ:あり(14日間)
  • サポート:電話・メール・チャット

メリット

  • コストパフォーマンスが最高
  • サーバーがハイスペック
  • 表示速度がとても速い
  • ブログを複数作れる
  • プランの変更も簡単
  • 30日間の無料お試し期間がある(ドメイン代は発生する)

デメリット

  • 契約期間(3ヶ月→1年払いなど)の変更が面倒
  • 支払い方法がクレジットカード・銀行振込・PayPalの3種のみ
  • ひと月あたりの料金がまるっとプランの3~4倍ほどかかる

その他の人気サーバー

参考までに、おすすめのサーバーとして頻繁に名前があがり、多くのブロガーやアフェリエイターが使用している人気サーバーを紹介します。

今から紹介するサーバーは全て、月間何十万アクセスもあるような人気サイトや複数のブログの運営にも耐えられるスペックを備えており、正直、どれを選んでも機能や性能にそこまで大きな差はありません

個人的な意見としては「ちょっとやってみたい」程度の方にはオーバースペックだと思いますが、色々な面で快適なことは間違いありませんし、後から別のサーバーへ移転するとなるとそれなりに面倒なため、最初からこちらを選んでおくのも選択肢のひとつです。
そのあたりを踏まえて、あとは料金・サービス面の差や採用している技術、管理画面などの好みで選べば良いと思います。

ここではそれぞれの特徴と他社との違いだけまとめておきます。
私のおすすめは「カラフルボックス」です。 先ほど紹介した低額の「BOX1」で始めて、物足りなくなったら上位プランに変更すれば無駄がないと思います。

エックスサーバー(X10)

運営歴が長く、迷ったらここを選べば間違いないと言われる人気サーバー。 安定度はナンバーワンだと思います。

  • 月額1,100円 / 1年契約
  • 月額1,320円 / 3ヶ月契約
  • 初期費用:3,300円
  • 無料お試し期間:10日
  • ドメイン1つ永久無料(1年以上の契約時)
  • 国内シェアNO.1
  • サービス開始:2003年

ConoHaWING(ベーシック)

最近よく名前が挙がるようになった高速サーバーです。 他社サーバーから簡単に移行できる機能があります。

  • 月額931円 / 1年契約
  • 月額1,138円 / 3ヶ月契約
  • 初期費用:なし
  • 無料お試し期間:なし
  • ドメイン2つ永久無料
  • 有料テーマの値引きあり
  • サービス開始:2013年

mixhost(スタンダード)

スペックもサービスもカラフルボックスとよく似ていますが、低額プランは廃止され、現在はこちらが最安のプランになります。

  • 月額1078円 / 1年契約
  • 月額1,518円 / 3ヶ月契約
  • 初期費用:なし
  • 無料お試し期間:なし(30日間返金保証)
  • ドメイン1つ永久無料(1年以上の契約時)
  • アダルトサイト可(同サーバー)
  • サービス開始:2016年

カラフルボックス(BOX2)

先ほど紹介したカラフルボックス「BOX1」のひとつ上位のプランが、ここで紹介している他社と同価格帯になります。

  • 月額1,166円 / 1年契約
  • 月額1,364円 / 3ヶ月契約
  • 初期費用:なし(1ヶ月契約のみ2,000円)
  • 無料お試し期間:30日
  • ドメインのプレゼントなし
  • アダルトサイト可(完全別サーバー・別IP)
  • サービス開始:2018年

ロリポップ!(ハイスピード)

こちらも老舗。 以前は「安いが遅い」という評価が多かったのですが、カラフルボックスなどと同じWebサーバーを採用したハイスピードプランが登場して、最近は評価が変わってきました

  • 月額825円 / 1年契約
  • 月額1,100円 / 3ヶ月契約
  • 初期費用:なし
  • 無料お試し期間:10日
  • ドメイン1つ永久無料(1年以上の契約時)
  • サービス面で他4社より劣る
  • サービス開始:2001年

※ドメインの「永久無料」は、各サーバーを利用している間のみ(契約期間など他にも条件がある場合もあり)

まとめ

  • エックスサーバーのみ初期費用がかかる
  • ConoHaは無料お試し期間がない
  • mixhostは無料期間がなく返金保証のみ
  • カラフルボックスはプレゼントドメインなし
  • ロリポップはドメイン管理が別サイト
  • ロリポップのみ契約時にワードプレスをインストールできるサービスがない(管理画面から簡単にインストールはできる)
  • ロリポップのみバックアップの復元が有料(11,000円と高額)